葬儀は人生最後のセレモニー。千葉には斎場がたくさんある

終活からお見送りまで~葬儀のお役立ちポイントをご紹介@千葉

千葉県内には葬儀を行う斎場が約250件ほどあります。余程の事情がなければ個人の自宅の近くで行われるため、近い斎場を選ぶようにしましょう。

終活からお見送りまで~葬儀のお役立ちポイントをご紹介@千葉のメイン

葬儀は人生最後のセレモニー。千葉には斎場がたくさんある

「葬儀」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょう?

どうしても「お葬式」と結びついてしまうため、悲しく暗い儀式だと想像してしまう方も多いでしょう。

ですが、現代の葬儀はそればかりではありません。

故人を偲び弔うことが葬儀の目的ですが、プラスアルファで人生の幕を閉じた故人様を天国へ送り出すセレモニー的な側面が現代の葬儀ではあります。

地方ではまだまだ葬儀は一般的に執り行われることが多いですが都会では葬儀のバリエーションも豊富です。

故人の生前の希望に応じてだったり、時代とともに移り変わるニーズにあわせていった結果として豊富になったわけですが、たとえば昔から葬儀を執り行ってきた博全社は少人数から大人数、キリスト教式や神式といった仏式以外が、そして料金プランも複数で用意されており、希望に沿った内容で葬儀を決めることができるのです。

そんな首都圏の葬儀、特に千葉県について今回はご案内します。

▼千葉の斎場

よく「セレモニーホール」「斎場」という言葉を耳にするかと思いますが、それらは全て葬儀を行う場所を指します。

千葉県内にはそういった斎場が各地にあり葬儀のポータルサイトで検索しただけでもざっと250件ほどです。

葬儀は余程の事情がなければ個人の自宅の近くの斎場で行われるため、葬儀社を手配する時にいくつか斎場を提案されますので近いところを選ぶようにしましょう。

また、ご遺体を焼く「火葬場」については別の扱いになります。

火葬場の数は千葉では29箇所あり、すべて公営です。

火葬場の料金はそこに住民票のある自治体や近隣の自治体であれば安く済みますが、遠い場合は料金が跳ね上がります。

大きな斎場であれば葬儀をする場所と火葬場が同じ敷地内にあったりしますが、大抵は斎場から火葬場へ移動する必要があるため双方の距離がなるべく離れないように決めることが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加